JCDAYS2018 「第四次産業革命」や「人生100年時代」の下における「働き方改革第2章」【JCメンバー向け】

経済産業省は、「多様な人材の活躍は、少子高齢化の中で人材を確保し、多様化する市場ニーズやリスクへの対応力を高める「ダイバーシティ経営」を推進する上で日本経済の持続的成長にとって、不可欠である」と定義しています。また、企業の経営戦略としてのダイバーシティ経営の推進を後押しするため、「新・ダイバーシティ経営企業 100 選」や「なでしこ銘柄」の選定により、先進事例を広く発信するとともに、女性を含む多様な人材の活用を経営戦略として取り込むことをより一層推進するための方策を発信しています。

本セミナーにおいては、経済産業省の藤岡雅美氏に、ご講演頂きます。今、日本は第四次産業革命に入っています。よく言われるのが人工知能によって雇用が奪われるという話もありますが、結局は人工知能を使うのは人間です。劇的に新たな技術や労働の性質に影響が出てくることは確実ですが、どのような影響が出てくるのかを詳しく解説してもらいます。現在は、人生100年時代となり、どういう人生、社会設計をしていくのかが現在、問われています。そこで例を挙げながらどのような人生を送っていくのか、人生100年時代に伴う働き方の変化、様々な選択肢がある中でどう人生設計をしてくことが好ましいのかを藤岡雅美氏に解説していただきます。

・「第四次産業革命」や「人生100年時代」の下における「働き方改革第2章」
日時:2018年2月10日(土)
登録開始 15時00分 開会15時30分 閉会16時40分
場所:立川市女性総合センターアイムホール
〒190-0012 東京都立川市曙町2-36-2ファーレ立川センタースクエア1F
対象者:各地会員会議所理事長、各地会員会議所メンバー、入会予定者等のオブザーバー
担当委員会:多文化共生推進委員会

関連記事

ページ上部へ戻る