「謎解きはおやつの前で」 謎解きをしながら政治の仕組みや国民投票についてを学ぼう!

7月1日、第47回東京ブロック大会昭島大会「水の都昭島 まちあそびフェスティバル」
「謎解きはおやつの前で」
謎解きをしながら政治の仕組みや国民投票についてを学ぼう!
10:45~ 昭島駅北口、昭和の森エリアにて開催!

政治行政委員会A「Aです。(以下A)」
政治行政委員会B「Bです。(以下B)」
A「今回は前に話さなかった行政について話したいと思います。」
B「はい。」
A「では、Bさん。行政と言ったら何を思い浮かべますか?」

B「あれだ。三権分立、立法権、行政権、司法権。」

A「なるほど、それでは、立法、行政、司法それぞれどこが担当しているかはわかりますか?」
B「立法が国会、行政が内閣、司法が裁判所だな」
A「そうですね。このあたりのことは知っているですね。」
B「ああ。さっきキッズ向けサイトで読んだ。【首相官邸 for Kids】http://www.kantei.go.jp/jp/kids/
A「さっきかい!」
B「だからあとは【首相官邸 for Kids】をみんなに読んでもらうことにしよう。」
A「また、サボる。」
B「ここで下手に誤った情報を流すよりはよっぽどいいかと思うが。」
A「ふむ。確かにWebだからすぐ修正できるとはいえ、記録されたりもするしな。」
B「魚拓怖い。」
A「危ない危ない。」
B「さっきのサイトですが、作りがFlashだったので、少し古いのかなと思いましたが、一部問題など比較的最近直しているようですし、サクサク読んだりクイズも進められるんで、ほんとにおすすめですよ。
A「ふむ。ちなみにBさんのお勧めは」

B「【内閣が進める仕事を知ろう!】の箇所ですかね。この中で内閣が進めてる仕事の内容をざっくり説明しています。書いてある内容については色々なのですが、それぞれ担当している省庁がこれは財務省、これは外務省、これは警察庁と担当部分を処理している。各省庁のトップをしているのが内閣の担当大臣ですから、これは大変なことだというのが、伝わりますね。」

A「なるほど」
B「担当大臣がどれほど政策に精通していればいいのか測りかねますが、ほとんどの政策については官僚主導でやって頂くのはしょうがないと感じますし、そうあるべきだと感じますね。」
A「そこまで大臣に政策主導を要求しない?」
B「そうそう。官僚の方々が基本進めてくれるけど、おかしくなったら国民の選んだ政治家の代表の一人である大臣やそのさらに上の総理大臣が止めてくれる。そういう人がなってくれるといいですね。そんな感じで投票に行ってます。」
A「それはあなたの感想ですよね。」
B「そうです。これはわたしの考え方なので、政治家や行政に対する考え方は皆違うかと思います。ただ、雰囲気や空気で投票先や投票しないと決めるのではなく、考えて投票してほしいとは思います。今回の謎解きイベントも中々問題がわからない方も多いかもしれませんが、是非とも考えて答えも導いてもらえればと思います。時間がかかってればヒントも出してもらえるかもしれません。」

A「謎解きイベントは考えてもらって、最後には楽しかったと思ってもらいたいですね。」

B「はい。私たちも当日に向けて残る準備を行っておりますので、是非楽しみに来場して頂ければと思います。」
A「今回を持ちまして、政治行政委員会担当ブースの紹介を終わります。お付き合いくださいました方、誠にありがとうございます。」
A・B「7月1日は昭島の地にてお待ちしております!」

政治行政委員会担当イベント!
謎解きはおやつの前で~リアル謎解きゲーム~
2018年7月1日(日)昭島大会内にて開催!
謎解き制作:東京学芸大学謎解きサークルRätsel
協力:昭島市選挙管理委員会
是非ご来場くださいませ!

関連記事

ページ上部へ戻る