ご存知ですか?!~YouTube掲載の注意点~

こんにちは!広報戦略委員会の広報宣隊ツタエルンジャー、みどレンジャーの大森です。

「ユーチューバー」という存在が知られるようになった昨今、YouTube動画の閲覧数に比例してリッチコンテンツになり様々な相乗効果が生まれると言われております。主な収益源は広告収入と言われていますが、個人だと1円も収入が無い人も多くの収入を得ている人も動画を投稿していればユーチューバーという事になります。個人の趣味の範囲なのか生計を立てる程、依存をする事になるかは人それぞれです。

また組織がYouTubeに公式アカウントとして動画を投稿するケースも増えてるんです。組織のブランディングや活動内容、商材の訴求等、様々なPRが可能となったため、「動画を制作する事は多大なコストがかかる」という長年の概念が変わり、低コストで世界中に拡散できるという大きな可能性を持てるようになりました。しかし、個人でも組織でも共通して多くのリスクも伴っており、注意が必要なんです。

 

まずは肖像権の問題です。登場人物が外部の方で、例えば著名人のケースは使用範囲にYouTubeが入っていること、使用期間、組織の場合だと競合組織の媒体への出演の可否の明記、これらの契約を交わしておかなければなりません。また契約を結んだ契約先から、登場人物が他組織に移籍した際の使用期間延長の交渉が発生したりするケース等、押さえなければいけない部分は多岐に渡っています。

そして、コンプライアンス違反やプライバシーに関してもしっかりと配慮しなければいけません。公式アカウントと言っても限られた運用担当者の個人の裁量に委ねる場合が多いことが実情のため、コンプライアンス違反や不適切投稿に気付かず組織にとってのネガティブなイメージを持たれてしまうケースがあります。収束させるのは一度ネット上に投稿された以上、困難を極めてしまいます。YouTubeの動画は少人数で制作するケースが多く、介在したメンバーや組織にとって公開をする事が不都合な点が発信される等、プライバシーが露呈してしまうリスクもあります。

 

他にも、個人も組織も誰もが同じネットの世界に存在するため、個人の口コミや事実と異なる発信に誤って同調してしまい、組織が大きな批判を浴びるというリスクも当然考えなくてはならないんです。以上が大きな注意点と考えられますが、だからと言って投稿自体に萎縮する事は無く、前述の通り大きな可能性を秘めた魅力的な媒体には変わりありません!コンプライアンスを動画作成や投稿に携わる全員で理解し守り、必要に応じて協議会を行ったりして、有意義に効果的な発信を心掛け、インパクトを与え続けるのが、重要です!

関連記事

ページ上部へ戻る