JCから市民へ!そして世界へ!あの、まち☆クリは今!?

今年も開催 10/13(土)まち☆クリ~町田クリーンアップ作戦~

 

まちクリとは?

町田市は小田急線とJR横浜線の交差する土地柄、交通の便がよく商業も発達しています。そのため、多くの人達が集まってくることにより治安があまりよくないという印象がありました。環境と治安の悪化は関連性がありと言われており、対策としてニューヨークの治安を劇的に改善したジュリアーニ元市長の取り入れた「割れ窓理論」が有名です。また、マザー・テレサの言葉に「愛の反対は憎しみではなく、無関心」というものがあります。私達の住むまちに落書きが多いのは、まちに対して無関心になっているいからではないでしょうか?落書きの多い風景を当たり前にしないで、このまちに住む人達のまちに対する無関心を愛に変えていきたい。そして、町田からはじまったこの活動がいろいろなまちに広がり、そのまちに住む方々がまちを愛する心を育める。そんな想いで2013年から一般社団法人町田青年会議所より「まち☆クリ~町田クリーンアップ作戦~」が始まりました。

まちクリの元となった「割れ窓理論」とは?

割れた窓ガラスをそのままにしていると、それが「この窓ガラスは壊してもいい」というサインになる。これが環境心理学の割れ窓理論です。
綺麗な道に落書きやポイ捨てするのは気が引けますが、あちこちに落書きされていたり吸い殻が落ちているところだと、ここなら何をやってもいいんだという気になり、犯罪なども起こりやすくなります。

・現在は?

一般社団法人町田青年会議所から始まった「まち☆クリ」は、行政、地元企業、学生と様々な市民を巻き込みながら、2016年には「まち☆クリ実行委員会」として市民に移管をされ続けられています。まち☆クリ実行委員会のメンバーは町田の為に日々活動をしています。落書き消しを実施するための材料費や会議の運営費などは、地域のお祭りなどでブースを出展し、”わたあめ”や”かき氷”などの販売を行い賄っています。
2018年度のまち★クリは10月13日に実施することが決定しました!

今年は落書きの名所?であるドンキホーテ裏の路地にアートを描くクラウドファンディングプロジェクトも同時進行中です!

https://machi-cleanup.jimdo.com/

https://faavo.jp/tokyomachida/project/3057

 

【事業に協力いただている地域関係諸団体】
・町田市
・スペイン政府観光局
・町田市中心市街地活性化協議会
・町田商工会議所
・ドン・キホーテ町田駅前店
・株式会社富澤商店
・学校法人東京町田学園 町田・デザイン専門学校
・FC町田ゼルビア
・ASVペスカドーラ町田
・町田の地域情報メディアサイト まちだけ。
・株式会社ブリッジ
・町田市中央地区商業振興対策協議会
・478
・株式会社ACデザイン
・関西ペイント販売株式会社
・一般社団法人町田青年会議所
(順不同、敬称略)

 

関連記事

ページ上部へ戻る