「東京都各地で活躍するミスター&ミス リレーコラム」No.05

東京都各地で活躍する青年経済人にそのまちの魅力や、ご自身について、まちとのつながり等をお聞きする当コラム。今回は立川市の会社、株式会社富士技研で全国を飛び回って活躍する森竹さんにお話しをお聞きしました。

  • 名前 森竹 勇太
  • 生年 1987年
  • 職業 精米設備設計・施工会社 勤務
  • 立川市在住・在勤
ご職業は珍しいように思うのですが、具体的にどんな仕事をしているのですか?
お米屋さんが使っている精米機など色々な機械の設計・施工から据え付け工事まで全国を転々としています。
全国というとどのあたりでしょうか。
新潟、長野、富山、山梨など産地が多いです。お米処の方が大きい工場も多いので。
米は売っているんですか?
売ってますよ。
会社ではどんな役職でしょうか。
役職はありません。家族経営で父親が社長です。母や叔父叔母とやっています。現場は各県の職人さんを手配し一緒に仕事してもらっています。
設計なんかは誰がやるんですか?
父親がメインでやってます。大きい工事じゃなくてメンテナンスだけだったら自分たちでやってしまう場合も多いです。
プラントの設計ですね。機械の大きさは決まっちゃってるのでどのように機械を据え付けたり置き場所を考えたりしてます。
出張すると長いんじゃないですか。
土日に工場が止まるのでその時に「作業やって」というのが多いです。長いと2カ月くらい泊りこみで、1週間~2週間、1~3日間というのもあります。
競合するところも少なそうな珍しい業種に見えますけどいかがですか?
地方には多いみたいですけどね。東京には少ないんですが、お客さんもそんなにいないんです。

立川JCに所属されていますが、入会した経緯を教えてください。
父親がJCやっていたんです。その父から「30になったら入会しろ!」と言われていました。
お父さまからはJCについて何か言われますか。
ほとんど言われません。入会のきっかけは父親ですけど、そういうのは関係ありません。嫌になったらやめればいい、とも思っています。
でも、立川JCのメンバーもどんどん入れ替わって、長くやっている人が少なくなるみたいなので、今のうちに先輩の話をたくさん聞いて自分たちのやり方を作らないといけないと思っています。
入会してから何年目ですか?今年の役職を教えてください。
6月で入会からちょうど1年になります。青少年委員会の幹事をやってます。役職を受けるかは迷ったんですが「今年の理事長のためになるなら」と受けました。
JCに入って良かったと思うことを教えてください。
色々な人と知り合えたことです。特に昔と違って社長や2代目ばかりでもなくサラリーマンでもやっている人がいます。
そういう地元で頑張っている人達に出会えたのは良かったです。
お仕事には繋がりそうですか。
あんまりそれは考えない方がいいと最近思ってます。自分は仕事のためにJCをガツガツやるわけではないです。
まだ会社で6、7年しかやっていないし、お客さんからお客さんの紹介もあるので、それをやっていけばいいと思っています。
今後JCでやりたいことを教えてください。
具体的な内容ではありませんが、子供に関することをやりたいと思っています。
今年は立川JC青少年委員会でキッズドリームチャレンジという事業の職業体験の子供たちへの説明会や設営などもやっています。今年のことをまずはしっかりとやりたいです。
また、キッズドリームチャレンジは主催を外部に受け渡している途中ですので、立川JCの新しい青少年事業も考えられたらいいですね。

立川市に住む、または働く魅力や立川のオススメを教えてください。
まず立川の人は立川が好きですね。人柄もいいですし。都内へのアクセスも良くて出ていく必要がないんです。
あと立川は何でもここで済ませられてしまいます。買い物は何でもできるし、子供が遊ぶ場所も昭和記念公園があります。
今後仕事やJC活動を通じて、地域とどのように関わっていきたいと思いますか?
立川は立川駅の南北でちょっとわかれているところもあるので、そういうところを埋められるようなこともできたらいいと思っています。
ありがとうございました、今後も仕事にJC運動に頑張ってください!

関連記事

ページ上部へ戻る